ポカン口(口呼吸)への影響|ブログ一覧|大阪市東住吉区の歯科・小児歯科なら小林歯科医院

今すぐかんたんネット予約

お問い合わせ06-6777-3056

ポカン口(口呼吸)への影響

ポカン口(口呼吸)への影響

こんにちは!針中野にある小林歯科医院です。
令和元年も残すところあとわずかとなりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

わたくし歯科衛生士の渡辺は、最近風邪で声が出なくなってしまいました、、、


手洗いうがいを徹底しているのですが、口に菌が直接入ってしまった様です。

鼻もつまり口呼吸になり、あげく咳まで出て大変でした。(完治しました⭐︎)



そこで今日は口呼吸の話です。


最近、子どものポカン口が増えているそうです。

ポカン口、つまり口呼吸です。

口呼吸をしていると、風邪をひくイメージがあると思いますが、それたけではないんです!

口呼吸は、歯科との関わりが深く口への影響がたくさんあります!

ポカン口(口呼吸)への影響
 ①虫歯
 ②口臭
 ③歯列不整
 ④顔の歪み
 ⑤姿勢(猫背)
 ⑥着色
 ⑦歯茎の腫れ
など様々なトラブルを引き起こす場合があります。これは子供だけに関わらず、もちろん大人にも十分関係します。

原因は人によって様々ですが、顔・口・舌の筋肉のトレーニングや、鼻呼吸を意識するなどして改善する場合があります。

お口の状態はご自身では判断が難しいので、何か気になることがあれば是非いつでも相談してください。

ご予約・お問い合わせ
06-6777-3056

診療時間はこちら

ページの先頭へ